読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『HAPPY JACK2017』チャットモンチーの進化をみた日

熊本に帰省してるので今年で6年目の熊本のサーキット音楽フェス『HAPPY JACK2017』に参戦して来たよ。

いろんなミュージシャンのライブが見れてすごく楽しかった。

 


わたしも学生時代 軽音部の時によくコピーしていた大好きなバンドのひとつ、チャットモンチーについてのわたしの感想です。

 

サウンドチェックもないままカーテンがあがり
ステージにはハの字にシンセが2台置かれていて
その前にチャットモンチーの2人がそれぞれ座る。
ヘッドホンをして演奏が始まった。

会場の誰もが一瞬「えっ?」という空気になったのは間違いなかった。
知ってるはずのチャットモンチーじゃない。

けどボーカルのえっちゃんが歌い始めてあっこちゃんのコーラスも入り、あぁ確かにチャットモンチーが今鳴っていると安心した。

えっちゃんがひとこと「今日はドラムを忘れてきた」

そのあとにあっこちゃんが「今日はメカットモンチーです。どう?
みんな、ぽかーんとしてたね。そんな顔が見たかった!」って笑っている。
このふたりはぜんぜん怯まない。
あ、それがチャットモンチーだった。

 

 

 

メンバーが3人から2人になって6人になってそのメンバーにいろいろメカの使い方を教えてもらってまた2人になってやりたいことをやってみている。と。

「ついてきて!」と言い切って、やってしまう凄さ。
どれだけでも音楽に対して貪欲なふたり。
いつもチャットモンチーには裏切られて、驚かされて、でも今が一番かっこいい。
もう魂がロック過ぎてふたりがやればどんなに無機質な機械をつかってもなんでもロックになってしまうんだよなぁ。

ふたりによれば変身7期くらいだと言う人もいるらしい。

 

 


こんなに進化していくバンドは他にいるだろうか。
変わっていくことを恐れないチャットモンチーは永遠にロックな音を奏でるんだなあと思った。

「機械仕掛けの秘密基地」という全国ツアー中らしく、新しいチャットモンチーを垣間見れて本当によかった。

楽しかった!

 

わたしはApricotというバンドで音楽をやっているんだけど、いつだってぶれないで自分たちの音楽をやっていきたいな。

ロックな神様はいるね。