読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファッションを変える


ファッションや身に着けるものって
気分や雰囲気を変えてくれるよね

パーティとか特別な日のお洋服も大好きだけど普段のお洋服選びもとってもたいせつ。

わたしも時期やその日によって好みのテイストもころころ変わる。
でもそんな自分も楽しんでいる。

f:id:aapricot:20170305211634j:image

10代のころは、か弱いおとなしい女の子って思われるのが嫌で
昔は黒いライダースに厚底ブーツとか履いていわゆるロックファッション。
ほんとは強いのよって
そんな女の子になりたかったしそう見せたかった
そしたら不思議なことが起きたの。
それまで周りに遠慮してばかりいて隠れてた自分の中の芯みたいなものをロックというファッションが引き出してくれたみたいで、
もっとこう思う!こうしたいって貫いてもいいんだよーってね
わたしにはそんな要素ないって思ってたけどほんとはそうじゃなかったみたい。

考えすぎな性格も、今は個性だと思っているけど
ほっといたら気分がどうしても暗くなってしまうからわたしの髪色はたいていいつも明るい。
服もカラフルなものが多いのはそのせいかな


若くないからコンサバなファッションをしないといけないとか、こんな職業だから、こんな性格だからあんなファッションは似合わないとかそんなことはない
明るくて目立つ性格でなくても派手でカラフルなファッションをしたっていい
ファッションにもギャップが大切


ファッションを変えることは
なりたい自分になれるだけじゃなくて、自分で気づいてなかった自分のいいところも見つけてくれる

それがきっと自信になる


わたしの大好きな映画
下妻物語
深田恭子 (出演), 土屋アンナ (出演), 中島哲也 (監督, 脚本)
https://www.amazon.co.jp/下妻物語-スタンダード・エディション-DVD-深田恭子/dp/B0002X7IXC

原作 
下妻物語―ヤンキーちゃんとロリータちゃん (小学館文庫)
嶽本 野ばら (著)嶽本 野ばら (著)https://www.amazon.co.jp/下妻物語―ヤンキーちゃんとロリータちゃん-小学館文庫-嶽本-野ばら/dp/4094080236